HOME>オススメ情報>心のケアに役立つサービスを利用して前向きに治療を続ける

落ち着いた時間を過ごせる

診察

心の病が原因で他人から見られる事が辛いと感じたり、知らない人と会話をするのも辛くなってしまった方々でも、精神科の訪問看護を利用する事で安心して治療を受けられます。うつ病などを患ってしまうと外出する気力も失ってしまい、治療を続けるのも困難になる事が多いために、うつ病に苦しんでいる方々が精神科の訪問看護を利用する事も多いです。医療機関に移動するまでの時間が長くて辛いと感じずに、自宅でゆっくりと心と身体を休めながら、医師や看護師が到着するのを待っていられます。患者の負担を減らしながら気楽に治療を続けられるように、医師が優しく対応してくれる点も精神科の訪問看護が注目される理由で、近年では若年層の利用者も珍しくありません。

保険の種類で費用は変化

医療

社会保険や国民健康保険に加入している場合は、精神科の訪問看護を利用する際の負担を軽減する事ができるのですが、保険の種類によって負担する費用が変化する場合もあるので注意してください。1回の利用につき1700円から2000円ほどが相場となっており、自立支援医療の場合は500円から700円ほどで利用できます。2名ほどの看護師や作業療法士に訪問看護を依頼する際には、1回あたりの費用が3000円から3500円に上がる点を意識しながら費用を計算する事も重要です。

出張費にも違いがある

ハートと聴診器

医療機関によって出張費に違いが出る場合もあるので、精神科の訪問看護を利用する前には出張費に関する相談をしてください。無料で出張してくれる医療機関も多いのですが、基本的には無料と書かれている場合でも、山奥など一部の地域には出張料が必要になる場合もあります。離島などは精神科の訪問看護を利用できない場合もあるので、サポートを受けられる範囲についても調べてから、精神科に訪問看護を依頼するか決めてください。

広告募集中