HOME>トピックス>うつなどの症状が重くなってしまう前に相談をするとよい

ストレスや不安感を解消

診察

うつ病などになってしまった場合、投薬などによって治療を進めていくことが多いですが、原因となっているストレスを取り除くことも治療には有効となります。精神科医や心療内科医に診察してもらうのも良いですが、産業カウンセラー等の産業医に見てもらうことも有効となります。自分の頭の中に溜まっているストレスや悩み、不安な気持ちなどをすべて吐き出すことが出来れば、スッキリとした気持ちになり、うつ病などの回復も早まることでしょう。産業医が知り合いにいないという人は、会社の健康管理を担当している人などから紹介してもらったりすることもできます。また、心療内科などでも産業医の紹介を希望すれば、カウンセリングをしてくれる人を教えてもらえます。

症状が重くなる前にすぐに利用する

産業医のカウンセリングを通じて、自分の中にある嫌な気持ちや不安な気持ちなどをスッキリとさせることが出来、心の病の治療にも役立てることが出来ます。少しでも心に重たい気持ちがある場合には、遠慮せずに早期に産業医を利用したほうが、症状が重くなってから治療を受けるよりも完治が早くなります。会社のストレスチェックなどを受けた際に、仕事でのストレスがかなり溜まっているようであれば、紹介してもらった産業医の診察を受けたほうが良いでしょう。うつ病になってしまうと、仕事へも支障が出てしまうことがあるので、自分の健康を守るためにも産業医を遠慮せずに活用していくことが重要です。

広告募集中